Work

【2017/03/19】第4回シティズンシップ教育ミーティングに登壇させていただきました

日本シティズンシップ教育フォーラム(J-CEF)主催「第4回シティズンシップ教育ミーティング」の分化会にて、発表の機会をいただきました。

「グローバル化とシティズンシップ教育」というテーマの分科会に話題提供者の1人としてご招待いただき、「グローバル化する社会で求められる『社会的包摂』の視点」と題してプレゼンさせていただきました。

DSC_2887

(写真提供:J-CEF)

わたしの発表のアジェンダ:
● イングランドのシティズンシップ教育
● 教育現場での模索と葛藤
● 英国的価値観(British Values)の促進
● 国家の統制 vs 多様性の尊重
● シティズンシップ教育に必要な視点
● 日本における今後の課題

テロの脅威や人的移動の活発化により強まるナショナリズム志向や、シティズンシップという概念自体がはらむ「社会的排除(social exclusion)」のリスクを踏まえたうえで、グローバル社会においてどうシティズンシップ教育を進めていくか?というわたし自身の問題意識を共有させていただきました。

J-CEF事務局の皆さま、分科会のコーディネーターを務めてくださった京都教育大学の水山光春教授、話題提供者としてご一緒させていただいた一般社団法人シェア・ザ・プラネット代表理事の筒井哲朗様、東京大学教育学部4年生のハンガメン様、そして分科会にご参加いただき、貴重なご意見・ご質問をいただきました参加者の皆さまに深く感謝申し上げます。

「J-CEF NEWS」第12号・特集記事に寄稿させていただきました

日本シチズンシップ教育フォーラム(J-CEF)の機関誌「J-CEF NEWS」第12号(2017年2月発行)に寄稿をさせていただきました。

 
jcef

特集記事「シティズンシップ教育をすすめる上で何を大切にするべきか?」への寄稿のご依頼をいただき、「『社会的包摂』の視点を持って多様な価値観に触れる場づくりを」というタイトルで、見開き2ページで記事を掲載していただいております。

主に、
● ヨーロッパ諸国における「多様性の尊重」と「社会的対立」のバランスの模索
● 2014年の英国の教育省による「英国的価値観の促進」の通達と教育現場の混乱
● 「違いによって生まれる排除」を学ぶワークショップ事例
● 「社会的包摂」という視点を持ったシティズンシップ教育推進の必要性
といった内容について書かせていただきました。

同機関誌で新連載「ヨーロッパの動きから考える」をお持ちの両角達平さんも、同号についてBLOGOSで触れていらっしゃいましたので、リンクを貼らせていただきます。
働きすぎな教員をみて育っているのは誰か?

*****

なお、「J-CEF NEWS」は、日本シチズンシップ教育フォーラム(J-CEF)の会員になると読むことができます。

市民の社会参加やシティズンシップ教育といったテーマにご関心のある方は、ぜひ入会を検討してみてくださいね。
入会案内 | J-CEF日本シティズンシップ教育フォーラム

【2017/01/21】山口県立大学「グローバル人材育成フォーラム」で審査員を務めました

Image uploaded from iOS
昨年に引き続き、山口県立大学のグローバル人材育成カリキュラムの一環で行われた「域学連携フォーラム」にて、同大学の学生によるプレゼンテーションの審査員を務めさせていただきました。

フォーラムのテーマは「インターローカル人材が切り拓く地域社会の未来~大学は新発想にあふれている~」。

同大学では、1年生から4年生までの一貫した教育カリキュラム「域学共創」学習プログラムを展開しており、1月21日のフォーラムでは、留学前の準備科目「域学共創Ⅲ」と、留学後のキャリア形成科目「域学共創Ⅳ」を受講した学生たちが学習成果を発表しました。

実は、昨年12月に「域学共創Ⅲ」を受講する学生さんのプレゼンは先に拝聴し、中間講評という形でコメントをさせていただいていました。

● 課題設定は適切か?(表面上の問題ではなく、本質的な課題は?)
● 社会のニーズについて、適切なデータを用いて捉えられているか?
● 設定した課題に対応する形でプロジェクトを提案できているか?

という点を特に重視して中間講評をさせていただいたのですが、今回のフォーラムのプレゼンではどのチームもその3点において大きく改善されており、感心しました。

これからも、たくさんの山口県立大学生が問題意識を持って海外留学に飛び立ち、持ち帰ってきた知見をもとに地域社会に貢献されていくことを心から応援したいと思います。

【2016/11/06】町田市生涯学習センターの市民企画講座で講師を務めました

町田市生涯学習センターで行われた講座「市民になるってどういうこと?18歳選挙権 主権者教育からシチズンシップ教育へ」(企画:共育工房)にて、1コマ講師を務めさせていただきました。
 
※詳細はこちら
 
わたしが担当したテーマは、「シチズンシップ教育で何をめざしていくのか」。昨年まで大学院留学していたイギリスの事例を中心にお話しさせていただきました。
 
今回、このような貴重な機会をくださった共育工房の皆さま、講座全体のファシリテーションをしてくださった川中大輔さん(NPOシチズンシップ共育企画代表・日本シティズンシップ教育フォーラム(J-CEF)運営委員・事務局長)、そして講座に参加してくださった方々に心から感謝申し上げます。
 
machida_all
[講座終了後、残ってくださっていた皆さんとの集合写真です]

【2016/07/16】Share Your Story #6「想いを持ち続け、ご縁を引き寄せる」開催レポート

 
ストーリーテリングと対話のワークショップ「Share Your Story」#6が無事終了しました♥
7月は植木美穂さんをゲストにお迎えし、「想いを持ち続け、ご縁を引き寄せる」というテーマで開催!
今回は、北千住にあるCoffee And Talesさんを会場として使わせていただきました!
 

まずは、ゲストスピーカーの美穂さんに、ライフストーリーをお話いただきました。
小さなスケッチブックに、手書きスライドを用意してくださいました!
 
miho_1
 
美穂さんは、学生時代からフェアトレードなど国際協力の分野に関心を持ち、インターンやアルバイトを経て児童労働から子どもを守る国際NGOでキャンペーンマネジメントや企業連携などの業務を担当。2015年に退職後、グラフィックデザインを学び、現在はフリーの「エシカルデザイナー」として、主にエシカルブランドのビジュアルデザイン等を手掛けています。
 
美穂さんは、真面目で、予測できないことを怖がる子どもでした。世界や日本で起こる問題について、「なぜ?」と良く考えていたそうです。「世界を平和にしたい!」という志のもと、かなり吟味したうえで大学を選んだ結果、とても満足の行く大学生活を送ることができ、「きちんと考えて選べば、自分の望む結果を得られるんだ!」と当時の美穂さんにとって一つの成功体験になったそうです。
 
大学時代にフェアトレードやCSRという概念を知り、持ち前の真面目さで一生懸命勉強した美穂さん。企業のCSRを考えるうえで、NGOとの協働が一つのカギになりそうだ、と感じたため、大学4年生のとき国際NGO・ACE(エース)でインターンを始めました。そこからアルバイトを経て、社員として働くことに。CSRプロジェクトや政策提言、ネットワーク構築・協働など多くのプロジェクトを担当し、イギリス研修も経験。
 
仕事にやりがいを感じていたものの、自身が大切にしたいものの優先順位や、団体との方向性の違いを考えた結果、昨年1月に退職し、次のステージに進むことを決めました。退職するとき、「辞めたところで、自分には何もできないんじゃないか。ここにいなかったら、何の価値もないんじゃないか」とすごく悩んだといいます。でも、心の中にあるモヤモヤが晴れず、「自分の感覚を信じてみよう」と卒業を決意しました。
 
miho_2
 
退職後、大学院進学なども考えたものの、なんとインフルエンザと中耳炎に立て続けにかかってしまい(!)、静養を余儀なくされることに。そんな折、義理のお兄さんが自然エネルギーの会社を立ち上げ、「会社案内のパンフレットとロゴを作ってもらえないか?」と依頼されました。実はイラストレーターなどのソフトを使ったことがなかった美穂さんでしたが、ご縁を大切にしようという気持ちから、「やったことないけど、やります!」と返事をし、Google検索に頼りながらなんとか制作。大変だったけれど、「美穂ちゃんに頼んで良かった、ありがとう!」と喜ばれたことと「自分の力で稼いだ!」という実感がとてもうれしかったのだそうです。この経験が、美穂さんが「エシカルデザイナー」として名乗って仕事をする原点となりました。
 
miho_3
 

美穂さんのお話を聴いたあとは、参加者の皆さんで「共感したこと・驚いたこと・疑問に思ったこと」をシェア。最後には今日全体の学びと気付きを一人ずつ話してクロージングとしました。

アットホームな空間で、笑顔いっぱいにお話してくださる美穂さんと、穏やかなな参加者の皆さんとの対話から元気をもらった3時間でした♪
主宰者のわたしがキャリアチェンジした関係で、Share Your Storyの定期開催はしばらくお休みになります。また何かのイベントを開催するときには、またブログ等でお知らせしますので、お楽しみに!
 
All Photos by Manabu Hoshaku
 

【2016/06/04】Share Your Story #5「ライフミッションを見つめ直す」開催レポート

 
毎月開催中のストーリーテリングと対話のワークショップ「Share Your Story」#5が無事終了しました♥
5月は西村創一朗さんをゲストにお迎えし、「ライフミッションを見つめ直す」というテーマで開催!
「Share Your Story」のコンセプトなどについてはこちらから⇒http://miosaito.net/blog/1825.html
 

1. 西村さんによるストーリーテリング

まずは、ゲストスピーカーの西村さんに、ライフストーリーをお話いただきました。
 
西村さんは現在、大手人材総合会社で働きながら「二兎を追って二兎を得られる世の中をつくる」というビジョンを掲げた株式会社HARES(ヘアーズ)を起業し、代表取締役を務めています。19歳で「学生パパ」になった西村さんは、今では3児の父親でもあります。
 
IMG_2037x
 
さまざまな「顔」を持って活躍する西村さんの姿からはなかなか想像がつかないかもしれませんが、子どもの頃に両親の離婚や生活保護を経験し、自分の環境に失望しかけていた時期もあったと言います。
 
しかし、中学の先生に掛けられたある言葉をきっかけに、「自分は社会に恩返しする義務がある」と意識が変わり、公務員を志します。その後も、大学在学中の長男の誕生やNPO法人ファザーリングジャパンでのインターン、人材総合会社への入社、社内異動などの転機を迎えるごとに、自分が人生において果たしたい使命=「ライフミッション」を見つめ直し、更新し続けてきました。
 
子どもの頃、ケガのせいで唯一の心の支えだったサッカーができなくなったこと。あまり学校にも行かず、はまっていったインターネットで公開していたネット小説で「誰かが自分の発信を楽しみに待っていてくれている」喜びを感じたこと。思いがけず子どもを授かり、大学を辞めて働こうとしていたときに、「大学はきちんと卒業すること」を条件に結婚と出産を許してくれた義父母のこと・・・。何度も何度も訪れた試練のたびに、どんな風に自分の人生を捉え、前に進んできたかを淡々と、しかし力強く話してくださいました。
 
人生に正解はないけれど、納得解はある。その納得解を選び取れるようになるためには、成功体験を重ねて自信をつけていくことが必要なのでは。自分の経験したことにどれだけ意味づけする機会を持てるか?『納得解を出せてるよね』と自己肯定できることが大切だと思う」という西村さんの言葉は、とても説得力がありました。
 

2. リフレクション・サークル

今度は参加者それぞれが自分の気付きを振り返る時間です。
西村さんのお話を聴いて、共感したこと・驚いたこと・疑問に思ったことを付箋に1枚ずつ書き出し、グループ内で共有しました。
 
IMG_3117x
 
【共感】
・専業主婦歴の長い母のスキルが少なかったことで、母親自身も西村さんたち子どもも苦労したのでは。
・中学時代に暗い経験をされていたこと。
・人生の「点」を打っていくことが大切。
・コネクティングドッツの「点を打つ方」に着目する重要性。
 
【驚き】
・自分でその都度できること、居場所を探し、見つけ、創り続けたことは本当にすごい。
・個人のブログやサイトでたくさんの読者を増やせたこと。
・育った環境が自分と似ている部分が多かった。
・ブログ(副業)を会社の役員に評価されたこと。
 
【疑問】
・父親への思いはどう移り変わっていったのか。
・いつも全力で、息切れすることはないのか?
・中学校の恩師との普段の関係は?
・複業によるデメリットはあったか?
 
一見、「とても特殊な人生」に感じられる西村さんのライフストーリーから、参加者それぞれが自分との共通点を見出し、特に西村さんが大切にしている“Connecting the Dots”(点をつなげること※)という考え方に共感する方が多いことが印象的でした。
 
※参考:2005年、スタンフォード大学卒業式でSteve Jobsが行ったスピーチが有名ですね。こちらから日本語字幕付きの動画が観られます→https://www.youtube.com/watch?v=RWsFs6yTiGQ
 

3. それぞれのストーリーを乗せて対話をふくらませる

さて、後半は、参加された皆さん一人ひとりのストーリーも交えながら対話する時間です。
いつもであれば、いくつか小テーマを設定するのですが、今回はフリースタイル!
西村さんのストーリーを呼び水に、自由に対話が広がりました。特に盛り上がったトピックについて(参加者のプライベートな話は除いて)少しだけご紹介します!
 
子どもに関する公共政策
:全ての子どもに機会を提供するためには、お金と人が必要。しかし、政治の世界ではシニア層の支持を得るためにどうしてもそちらよりの政策が増える。どうしたらその負のスパイラルから抜け出せるのか?また、そういう状況に対して文句を言うだけでなく、自分たち市民に何ができるのか?政治の世界だけでなく、ビジネスの世界でどう貢献できるのか?
 
社会問題との向き合い方
:北海道で小学校2年生の男児が行方不明になった事件があったが、「対岸の火事」のように父親を批判する声が多いのが残念。たしかに世の中に問題は多いし、健全な批判はある程度必要だが、批判だけして何も行動を起こさない人が多いことこそが社会課題ではないかと感じることがある。自分ごととして考えていく大人が増えることで、子どもも社会問題と向き合っていくことができるのではないか?その延長線上にキャリアがあるのでは?(では、同じバックグラウンドや原体験を持たない人と問題意識を共有するには?)
 
自分で自分を認めること
:(西村さんが採用の仕事をしていて)「自分に何ができるかわからない」と自信がなく、前に進めない学生が多いと感じる。人生を遡って聞いてみると、誰にでも素晴らしい経験がある。本当はいろんな「点」を打ってきているのに、自覚できていない人が多い。だから、そのことに自分で気付けるようなフィードバックをしてあげるだけで顔つきが変わる。
 
就職活動は本来、自分の打ってきた「点」に気付ける機会であるはずだが、表面的なアウトプットをする場になってしまっていて、「サークルで副代表をしていました!」みたいなアピールばかりが増える。本当は、大学3~4年生の就職活動以前に、自分の人生をふりかえり、後悔ではなく「あのときの経験は間違いではなかった」と徐々に思える時間が必要なのではないか?
 
そのほかにも、ギャップイヤー/介護士や保育士の待遇問題とキャリアの複線化/介護と育児の両立/これからの働き方とポータブルスキル/キャリアチェンジ・・・などなどたくさんのテーマについて対話がありました。
 
西村さんから最後に、「ライフミッション、と言ってしまうとカッコ良すぎるかもしれないけれど、『勝手な使命感』を持つことがとても大事だと思う。誰からやってと頼まれているわけでもないのに、自分がやるしかない!と思えるテーマ。自分で自分をキャスティングする感覚で、自分なりに課題に取り組んでいる」というお話があり、それぞれに想いを巡らせたようでした。
 

4. ふりかえり:今日の学びと気付き

西村さんによるストーリーテリング、そして参加者同士の対話を通じて「新しく気付いたこと」と「これから考えてみたいこと」を一人ひとりお話しいただきました。
 
IMG_1973
 
新しく気付いたこと
● SNSなどが発達しているけれども、こういう双方向かつ多様性のあるリアルな「場」の大切さを感じた。
● (ブログを読むと「尖っている」印象だったが)西村さんがいい人だった!(笑)
● 「ミッションを更新する」という柔軟性、レジリエンスのようなものが必要。
● ディーセントワークやパラレルキャリアなど(今日の場だけで考えると)意外と浸透してきているのかな?
● 「自分の好きなことが見つからない」というのは普通のことなんだな、と自分にとっては新鮮だった。
● 今日来たからこそ出会えた人たちの価値観や大切にしていることに触れられて良かった。
 
これから考えてみたいこと
● 「勝手な使命感」「自分キャスティング」という言葉が印象に残った。自分だからできること、はあらためて考えてみたい。
● 自己肯定・シティズンシップ教育・使命感など、今日出たトピックについて持ち帰り考えてみたい。
● 選択性の高い社会は良いものだと考えていたが、一方で負荷がかかる部分もあるのではないか、という視点。
● 自分がいま置かれている環境は、2~3年後にやりたいこととはかけ離れているので、今はインプットの期間と割り切ってしっかり行動していきたい。
● 価値観が固まってしまうのが嫌なので、いろんな人に出会える場に出ていきたい。
 
そしてゲストの西村さんからは、「日々自分のことを内省したり書いたりする機会は多いが、今日のようにストーリーとして共有しきる、ということはあまりなかったので、話しながらあらためて自分の原点や大切にしたいことを認識し、『ムダなことなんて一つもなかった』と振り返ることができた。いま自分が勝手な使命感を持っている、働き方・生き方を変えることや、子どもの貧困の再生産を止める、という課題は難しいけれど、みんなが課題だと思っているのであれば、みんなで力を合わせて向き合っていきたい、と覚悟を新たにした」とコメントがありました。
 
また、「子どもも大人も、まず自分自身を認める、というところから全てが始まる。自己を肯定する場をどう普遍的に作っていけるか?」という問いは、Share Your Storyを続けている理由とも重なり、主宰者のわたし自身も考えていきたいと思いました。
* * *
 

いかがでしたか?今回も、ゲストと参加者の方々の皆さんのご協力のおかげで、充実した時間を過ごすことができました。あらためて感謝申し上げます^^
 
ストーリーテリングと対話のワークショップ「Share Your Story」は、これからも毎月開催していきますので、ご興味ある方はPeatixコミュニティにぜひご参加ください!(オリジナルURLに変更しました★)
 
▼Share Your Story | Peatix
http://shareyourstory.peatix.com/