Work

【2016/01/23】山口県立大学「グローバル人材育成フォーラム」で審査員を務めました

 
1月23日(金)、山口県立大学のグローバル人材育成カリキュラムの一環で行われた「域学連携フォーラム」にて、同大学の学生によるプレゼンテーションの審査員を務めさせていただきました。
 
☆昨年11月に、客員講師として講義をさせていただいたときの記事はこちら:
【2015/11/28】山口県立大学 国際文化学部「域学共創Ⅲ」で客員講師を務めました
 
同大学では、1年生から4年生までの一貫した教育カリキュラム「域学共創」学習プログラムを展開しており、23日のフォーラムでは、留学前の準備科目「域学共創Ⅲ」と、留学後のキャリア形成科目「域学共創Ⅳ」を受講した学生たちが学習成果を発表しました。
 
DSCF5174
 
近年、「グローバル人材育成」を目標に掲げている大学が増えていますが、山口県立大学のカリキュラムの特徴は、「グローバル視点から地域課題を考える」(域学共創Ⅲ)、「地域と協働し、地域の未来を構想する」(域学共創Ⅳ)というように、「グローバルな学びを地域課題の解決に生かす」ことを学習目標としていること。これは、地域との距離が近い公立大学ならではの強みかもしれません。
 
参考リンク:地域と共に学ぶ|山口県立大学
 
これから留学に行く学生さんからは、
・「久留米絣」を含め衰退する可能性のある世界地域文化を守るために、フィンランドなどで「農閑期デザイン」の実地調査をする
・山口県に来る外国人向けに「音楽」をテーマにした観光ツアーをつくるために、JTB台湾でインターンシップをする
・つながりのある社会のヒントとして、中国で広場の活用方法を学ぶ
など全部で8つの留学プランが発表され、
 
すでに海外で学んできた学生さんからは、
・英語を使ったサービス向上を目指す湯田温泉の従業員に対して英会話教室を開き、英語で「温泉物語」を発信する
・山口へハネムーンで来る外国人カップル向けに、ウェディングフォトを撮れるツアーを企画する
・世界で活躍できる人を育てるため、英語演劇ワークショップを県内の学校で広げる
など全部で6つのプロジェクトプランが発表されました。
 
DSCF5146
 
限られた時間ではありましたが、私は審査員として
・予見力:時代の変化(グローバル化)についてよく理解しているか
・思考力:論理的に考えられている発表内容か
・予測力:データを挙げながらよく練られたプランになっているか
・実行力:地域社会への貢献度が高いプランか
という4つのカテゴリーごとに(僭越ながら)点数をつけさせていただきました。
 
どのプレゼンもユニークで私自身も大変勉強になりました!
強いて言うならば、下記の視点がもう一歩、というプランが多かったかなと思います。
(どれも、私が大学院で研究するときに口酸っぱく言われたポイントなので・・・)
 
・得たいデータに対して、適切な調査手法を選択しているか
・質的調査だけでなく量的調査の材料として指標設定ができているか
・仮説を設定したうえでリサーチを行い、実施後に検証ができているか
(見切り発車でプロジェクトを実施し、「やっぱり正しい!」と意味を後付けするのはNG)
 
私も引き続き、グローバルな視点で地域課題に取り組み、市民が主体的に社会に参加するための仕組みづくりに貢献できるよう、精進してまいります。お声がけくださった山口県立大学の斉藤理先生ならびに大学職員の皆さま、貴重な機会をありがとうございました!
 
☆本フォーラムについてのパブリシティ(山口新聞)はこちら:
http://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2016/0124/7p.html
 
☆留学中の山口県立大学の学生さんによる現地レポート(朝日新聞)はこちら:
http://www.asahi.com/area/yamaguchi/articles/list3600075.html
 

【告知】イギリス大学院留学を考え始めた人向けシェア会を開催します!

shareevent_20160206
 
イギリス大学院留学を経て赤十字→民間企業にキャリアチェンジした経験をもとに、社会人留学を考えている(もしくは新卒留学と迷っている)人向けのシェア会を開催します♬
 
・出願までのスケジュールは?働きながらの準備は大変?
 
・大学院留学を実現するには、最低でもどのぐらいの貯金がいる?
 
・退職して大学院留学するときに、考えておくべきことは?
 
・イギリスの修士課程は1年間と聞いたけれど、スケジュールはどのぐらい忙しい?
 
・留学経験を帰国後のキャリアチェンジにつなげるためには?
 
・・・などなど、わたし自身も渡英前はわからないことだらけでした。同じような疑問を持っている人に、実体験とそこから考えたことを共有できればと思っています!質問などあれば、当日できる限りお答えします^^また、留学イメージが少し明確になるようなワークも予定しています。
 
※ただし、アメリカなど他の国の大学院留学については経験がないため、質問にお答えできませんのでご了承ください><
 
■イベント概要
【日 時】 2016年2月6日(土)14:00~17:00 ※受付開始:13:30~
 
【会 場】 株式会社エンパブリック 根津スタジオ(メトロ千代田線・根津駅から徒歩3分)
 
【定 員】 10名 
 
【参加費】 3,000円(学生は2,000円)
*資料、飲み物、お菓子付きです♩
*当日、現金でお支払いください。
 
【こんな人にオススメ!】
・イギリス大学院留学に興味があるけれど、具体的なイメージがまだ湧いていない人
 
・働きながらの留学準備に不安があり、経験者の話を聞いてみたい人
 
・自分と同じように、イギリス大学院留学を考えている仲間と出会いたい人
 
※宗教・政治・ネットワークビジネス等への勧誘行為は固くお断りします。
 
【参加お申し込み】
当ブログのお問い合わせフォームからお申し込みください。
 
その際、件名に「2/6 シェア会参加希望」、本文に①お名前、②既卒か学生か、③当日連絡を受けられる電話番号、④イギリス大学院留学について特に知りたいことをお書きください。
 
【主催者プロフィール】
齋藤 実央(さいとう みお)
 
1988年生まれ。新卒で入社した日本赤十字社を2014年3月に退職し、同年7月から英国・ヨーク大学修士課程(シティズンシップ教育)に留学。2015年9月に帰国し、現在は民間企業に勤務する一方、個人の仕事として大学等での講師を務めている。
 
ブログ:http://miosaito.net/
 

【2015/11/28】山口県立大学 国際文化学部「域学共創III」で客員講師を務めました

 
山口県立大学の斉藤 理准教授からお声掛けいただき、同大学の「域学共創学習プログラム」内の授業のひとつ、「域学共創III」にて90分×2コマ、客員講師を務めさせていただきました。対象は、国際文化学部の2・3年生40名ほど。
 
DSCF4006
 

 山口県立大学国際文化学部では、文部科学省「経済社会の発展を牽引するグローバル人材育成支援:タイプB(特色型)」を通して、世界の地域と日本の地域をつなげて歴史・文化・自然・人間の価値や可能性に着目し、地域課題解決に取り組む「インターローカル人材」を育成する取組みを始めています。

(山口県立大学ウェブサイトより抜粋)
 
わたしが担当したのは、「留学準備クラス」という位置づけでしたが、留学に行く目的が明確ではない(国際文化学部にいるから何となく・・・など)という学生さんも少なくないとお聞きしていたので、留学の動機づけとなるように意識しました。また、グローバル化による社会の変化というマクロな視点で留学経験を捉える契機になればと思い、「グローバル化が進む時代に、自分の学び方、働き方、生き方を自分自身で選び取るには?」というテーマで下記のような授業を展開しました。
 
■グローバル化が進むってどういうこと?
・「暮らす」「働く」場面でどんな変化が起こりうるか?
・不確実性(予測不可能性)が高まり、従来の「正解」が通用しなくなる
・課題を構造的に捉え、異なる他者と協働・試行錯誤しながら妥協案を探し実行する力
 
■教育のあり方、学び方はどう変わるか?(世界の流れ)
・イングランドのシティズンシップ教育
・フィンランドの教育改革
・OECD政策対話「2030年に必要とされる資質能力」
 
■グローバル社会で求められる3つのbe
・Ownership / Entrepreneurship / Citizenship
・留学=これらを試行・習得するひとつの機会と考えてみる
 
■留学中の学びを帰国後に生かすためには?
・目的の明確化/経験の意味づけ/日常への応用
 
■グローバル社会で目指したいリーダー像とは?
・ダニエル・ゴールマン「6つのリーダーシップスタイル」
・ファシリテーター型リーダーシップというあり方
 
なお、後半の授業では、下記の問いを立て、「グローバル人材とは何なのか」を考えるワールドカフェを行いました。
 
問い① 「グローバル社会」で自分らしく生きていくために必要な知識・スキル・態度とは?
問い② また、それらを身に付けるうえで、留学はどのような役割を果たすと思いますか?
 
image
 
IMG_0392
 
最近よく「グローバル人材」という言葉が使われるものの、まずは
・グローバル社会を生きるってどういうこと?
・自分の可能性を生かしながら生きるために必要なこととは?
・留学に行けば”グローバル人材”になれるの?
ということを今一度よく考えてみてほしい、という狙いがありました。
 
最初は、「留学に行くと視野が広がる/忍耐力がつく/タフになる」というところで思考がストップしがちだった学生たちも、
 
「留学に行けば自然と力がつくわけではなく、様々な文化背景を持った人たちと積極的にコミュニケーションを取ろうとすることで、結果的に視野が広がるんじゃないか」
「忍耐力も必要だけど、我慢するだけでは自分を見失ってしまう。意思表示をする努力もしないと」
「こういう態度は、留学に行かなくても身に付ける方法はあるのでは?わざわざ海外へ行く意義とは?」
「自分自身がタフになるだけではなく、困ったときに人を頼るのもスキルのひとつだと思う」
 
など、もう一歩踏み込んだディスカッションを展開できるようになり、思考の幅が広がったのではないかと私は感じました。以下、グループ成果の一部です。
 
DSCF4011
 
DSCF4016
 
DSCF4018
 
DSCF4019
 
山口県立大学のグローバル人材育成推進事業は、単に異文化コミュニケーション能力を伸ばすということだけでなく、「グローバル視点から地域課題を考える」という明確な目的のもと、地域課題に関するテーマについて調査分析を行い、留学先での研究計画を立て、その研究成果を地域で発表するプログラムがあるなど、アクティブラーニングを重視したユニークな事業なので、今後の展開にも注目したいと思います!
 

【2015/10/16】世界食料デーイベント「WORLD FOOD NIGHT」に登壇しました

 
worldfoodday
 
10月16日は、国連が定めた「世界食料デー」
食料問題にかかわるNGOや国連機関などが共催するイベント「WORLD FOOD NIGHT-食の問題に対して私たちができること-」に、プレゼンターの1人として登壇させていただきました!
 
IMG_0192
☆あいにくのお天気でしたが、たくさんの方々にお越しいただきました。
 
「世界の食料問題の解決方法」というテーマでプレゼンテーションを依頼されていて、わたし以外の登壇者の顔ぶれ(国際NGOの職員さんなど)を拝見したところ、「グローバル」な目線で活動されている方が多いのかな?と感じたので、わたしはあえて「ローカル」なアプローチ例についてお話させていただくことにしました。
 
ご紹介したのは、以前、イギリス留学中にもブログでレポート記事を書いた、The Real Junk Food Projectのコミュニティカフェの取り組み。満足に食べられず、飢えに苦しんでいる人々がいる一方で、大量の食料廃棄地域における高齢者の孤立化が問題になっているイギリスにおいて、「捨てられるはずだった食料を使ったメニューをカフェで提供することで、地域住民が気軽に集うことのできる場をつくる」という、リーズ発祥のムーブメントです。
 
くわしくはこちら → 「食材は廃棄寸前の商品、料金設定なしのコミュニティカフェを訪れました」
 
「世界の食料問題」、と聞くと、「アフリカの子どもが飢餓に苦しんでいて・・・」という「遠い」話ばかりクローズアップされてしまい、それを「自分ごと」として捉えましょう、と言われたりするけれど、それってとても難しいことなんじゃないかな、と個人的には思います。「ちっぽけな自分には何も変えられはしない」と無力感を抱いてしまったり(そう感じている方々から、プレゼン後たくさん話しかけていただきました)。
 
でも、自分たちの身近なところにある問題(The Real Junk Food Projectで言うと、食料廃棄や高齢者の孤立化)を出発点に考えてみると、見えてくるものもあるかもしれません。わたしのプレゼンが、そんなことに気付くきっかけとなれば、うれしいです。わたしも、地域コミュニティを拠点にした市民の社会参加というテーマに、これからも取り組んでいきます!!
 
☆追記☆
「世界食料デー」月間2015呼びかけ団体による公式イベントレポートもアップされました:
http://www.worldfoodday-japan.net/event/report/?p=774
 

【2015/10/08】法政大学 経営学部 長岡ゼミでゲスト講師を務めました

 
先月の東大ハラケンゼミに続き、法政大学 経営学部 長岡ゼミにもゲスト講師としてお呼びいただきました^^
長岡ゼミは「”ソーシャルデザイン”をベースに各自がもつ問題意識を見つける&深めていくゼミ」だそう。
リンク:長岡研究室ウェブサイト
 
nagaoka_seminar
 
最初は、声を掛けてくれた学生さんから「シティズンシップ教育について聞きたい!」というリクエストをもらっていたのですが、事前打ち合わせの段階で、ゼミ生の興味・関心が結構幅広いと聞いたので、
 
“国連職員を目指していたわたしが、なぜ「まちづくり」「対話」に携わるのか?”
という、よくある新書みたいな(笑)タイトルで、ここ10年間(18歳~もうすぐ28歳)で移り変わってきたわたしの問題意識や選択について40分ほどお話させていただくことに。
 
ちょうど、前職を退職→イギリス大学院留学→転職 のタイミングで(プライベートのごたつきもあり笑)、人生の第二ステージが始まったなぁという感じがしている今日この頃だったので、わたし自身にとっても考えを整理する良い機会となりました。
 
********************
 
♥カトリックの中学・高校に通っていたわたしの「途上国支援に携わりたい」と漠然とした憧れ。
 
♥セルビアの難民キャンプでボランティアをし、抱いた無力感と不信感。
 
♥国際NGOのユースボランティアとして活動する中でふくらんできた「社会貢献」「国際協力」への違和感。
 
♥運命的に出会ったソーシャルベンチャーのインターンをクビになった苦い経験。
 
♥非営利組織の経営を内側から学びたい、と就職した赤十字でのやりがいとジレンマ。
 
♥青少年対象のグローバル教育プログラムを担当していて感じた「エンパワーメント」の難しさ。
 
♥周りを巻き込むフックを模索し、「かわいい×ソーシャルアクション」というテーマで始めたエシカルWebマガジン。
 
♥行動そのものが目的化してしまいかねない、「エシカル」「ソーシャルグッド」の落とし穴。
 
♥本業×マイプロジェクト、というパラレルキャリアの始まり。
 
♥働きながら勉強を続ける中で出会った、イギリスのシティズンシップ教育。
 
♥「社会貢献」、「ソーシャルアクション」を経てわかった、「市民の社会参加」の意義と課題。
 
♥「地域コミュニティでの対話を通じて、いきいきと社会参加できる人を増やしたい」と考えるようになったわたしが、導かれるようにしてジョインした新しいお仕事。
 
********************
 
と、いろいろ悩んで、行動して、気付きを得て、また違うもやもやが生まれて、新たなチャレンジをして・・・あちこち動き回ってたまに人生の迷子(笑)になるわたしが、いま、ここにいる理由。みたいなものをざーっとお話しました。
(このどれかの要素が、ゼミ生の皆さんの心に引っかかるかもしれないなぁと思い!)
 
わたしの話だけするのも面白くないので、最後に(あまり時間を取れなかったけれど)、「過去に、強い想い(憧れややる気、問題意識)があったけれど、期待どおりにならなかった経験はありますか?そのあと、どんな行動を取りましたか?」というテーマで、3人1組で経験をシェアしてもらうことに。ワークショップ慣れしてしまっている?ゼミだったので、シンプルにお互いの話をしてもらいました。
 
よくある就職試験の面接みたいに「困難な経験をどう乗り越えましたか?」みたいな武勇伝ではなく、「もやもやとしてしまった経験」について語る、という場があってもいいのかなぁと。わたしも、うまく乗り越えられなくて、見なかったふりをしたり、逃げたり、信頼を失ったり、正当化したり・・・ということはたくさんあったので。
 
何か選択をした時点では「正解」だと思えなくても、そのあとの行動の積み重ねで「結果オーライ」になればいい!
(そんなことを、以前ブログに書いて、今でもよく読まれているみたいです→「正しい道を選ぶのではなく、選んだ道を正解にしていくこと 」
 
最後にいくつか感想を聞いてみたところ、
 
「人によって、もやもや→行動、というパターンの人もいるけれど、自分はまず何も考えずに行動→理想と現実のギャップでもやもや、ということが多い。行動パターンは人によって違うんだな」
という気付きや、
 
「世間では、成功体験ばかりよく取り上げられるけれど、本当はそれ以上に失敗だってあるはず。もっとそういうのがシェアされてもいいのでは」
というコメントや、
 
「好きなことで一番になれなくて、一度きっぱり諦めようと思った。でもできなかった。関わり続けていたら、今まで見えてこなかった道が見えてきた」
という経験がシェアされて、興味深かったです。話してくれて、どうもありがとう。
 
長岡ゼミは、共通のハッシュタグで考えをツイートする、というのがお決まりのようで、今回のゼミに関する感想も「#melc2015」というタグで共有されています^^その一部を貼り付けておきますね。
 


 
長岡先生からは、「プライベート」と「パブリック」のバランスが大切だね、というコメントをいただいて、そのテーマに関心をもってツイートしてくれたゼミ生の方も多かったです!
 


 
********************
 
とっても自由にお話しさせていただいて、長岡先生のコメントやゼミ生の皆さんの素直なリアクションから、いろいろ刺激を受けました。呼んでくださってありがとうございました~!
 

【2015/09/30】東京大学 教養学部の自主ゼミでゲスト講師を務めました

 
NPO法人YouthCreate代表の原田謙介さんが担当する、東京大学 教養学部の前期課程自主ゼミ(ハラケンゼミ)第2回にて、「シティズンシップ教育と若年層の政治参加」をテーマにレクチャーを担当させていただきました。
 
harakenseminar_1
 
ハラケンゼミの大テーマは「18歳選挙権時代を考える」というもの。わたしは「海外の政治教育から学ぶ」というテーマでお声掛けいただいたので、つい最近まで英国・ヨークの大学院で研究していた「シティズンシップ教育」についてお話・簡単なグループワークのファシリテーションをさせていただきました。
 
東京大学の学生だけに限らず、様々な大学から合わせて18名が受講してくださいました。
 
harakenseminar_3
 
わたしが担当したパートでは、以下の流れで進めました。
 
1. ペアワーク
~シティズンシップ教育の目的について考える~
 
・「現代社会について理解し、//積極的に社会参加するための//知識、態度、スキル等//を身に付けること」とは、具体的にどういう内容だと思うか?
・イングランドで「シティズンシップ」が正式科目として導入された際のカリキュラムと、ペワークで出た意見を比較する。
 
2. レクチャー
~イングランドにおけるシティズンシップ教育の内容と課題を学ぶ~
 
・イングランドにおける「シティズンシップ」教科導入の経緯とは?
・1998年 政府諮問委員会の「クリック・レポート」~2013年 ナショナル・カリキュラム改訂:内容はどう変化したか?その背景にある政治状況とは?
・学校におけるシティズンシップ教育の実践例と、その課題とは?
 
3. グループワーク
~日本でシティズンシップ教育を実践するとしたら、何が必要か考える~
 
◎考えるうえでのポイント
・日本における現代的な課題とは?
・いま・これから必要とされる「積極的な市民」像とは?
・学校教育だけで十分か?
 
harakenseminar_4
 
限られた時間だったので、「シティズンシップ教育って結局何なんだ?!」となってしまったらどうしよう・・・という不安も少しありましたが、最後のワークでは模造紙と付せんを使って、どのグループでも積極的にディスカッションがされました!
 
「政治を身近なこととして捉えられるような学びが必要なのでは」
「学校だけではなく、家庭や地域での取り組みも大切」
「教科導入や模擬選挙だけでなく、正解のない問いを議論できるような場が普段からないと効果がない」
など、本質を突くような意見や、
 
「そもそも《善い市民》《あるべき市民像》って何なのだろう?」
「シティズンシップ教育は必要なのかな?」
といった、大切な問いも出されました。
 
グループごとのディスカッション内容を模造紙にまとめました↓↓
 
写真 30-09-2015, 18 56 26
 
写真 30-09-2015, 18 56 45
 
写真 30-09-2015, 18 57 16
 
今回のレクチャーでは、「そもそも《シティズンシップ》とは?」という話から入らず、海外の政治教育の一例として「シティズンシップ教育」のねらいと課題に焦点を当てたので、受講生の皆さんは疑問や”もやもや”も残っていることと思います。
(終了後、質問に来てくれたり、考えを伝えに来てくれた学生さんがたくさんいました)
 
でも、シティズンシップ教育自体、「正解のない」「変化しうる」ものだとわたしは思っているので、無理に消化する必要はありません(わたしも、まだまだ勉強・実践の途中です!)。
今後も続くハラケンゼミで「18歳選挙権時代を考える」うえで、その問いを持ち続けて、皆さんなりの理解が進んでいくことを願っています。
 
学生の皆さんの様々な意見を聞くことができ、講師のわたし自身も大変勉強になりました。ありがとうございました!
10月は、法政大学のゼミでもお話する機会をいただいています^^
 
☆イングランドだけでなく、ヨーロッパで実践されている【シティズンシップ教育】に関心があるという方や、【社会参加】を促す教育的アプローチについて知りたいという方がいらっしゃれば、グループワークの企画・運営などご相談ください。お問い合わせはこちらのページからお願いします!